特色教育

23 KB

音楽教育

音体指導

あさひ幼稚園の音楽活動は、感性をはぐぐむ音楽教育(音)、美しい姿勢や動作、態度(体)、集中力や持続力、協調性を身に付けることをねらいとして取り組んでいます。

年少(音に親しむ、リトミック)、年中(リズム遊び、演奏)、年長(演奏しながら演技)というように、3年間継続したカリキュラムをもとに取り組んでいます。

18 KB

音楽教育

合奏

一つ一つの音を大切に、友達と気持ちを合わせて演奏する合奏。いろいろな本物の楽器に触れ、音に親しむところから始まります。

メロディーを覚え、リズムを感じ、みんなでハーモニーを奏でる。
その曲にあったテンポ、強弱も意識することも伝えながら、丁寧に取り組んでいきます。

お家の方、お客様に披露する時の緊張感、そしてやり遂げた時の達成感、満足感は、普段の他の遊びや活動ではなかなか味わえない瞬間です。


18 KB

音楽教育

和太鼓

和太鼓の一打の魅力を味わいます。バチから全身に伝わる独特の波長は他の楽器では味わえない経験です。年長組になり、体力のついた頃から、みんなで力を合わせて一生懸命取り組み、素晴らしい音楽を創り上げていこうする心を育てます。
一人一人がしっかりとバチを握り、掛け声をかけ、気持ちを込めて太鼓と対峙します。

和太鼓に向き合う子ども達のまなざしは、真剣そのものです。

22 KB

情操教育(茶道)

お茶のおけいこ

裏千家、小河原宗正先生によるお茶のおけいこ。

裏千家、小河原宗正先生によるお茶のおけいこ。

茶道とは、「もてなし」と「しつらい」と「感謝」の美学だといわれています。
相手を思いやり、心を込めておもてなしする。それに対して心から感謝する。
現在では必ずしも人が人を大切に思いやる時代とはいえなくなりつつあります。
お互いを思いやり敬う心、しつけ、たたずまい、四季折々の伝統や自然のこと。
小河原先生が日本の素晴らしい精神文化を子ども達にわかりやすく伝えます。

16 KB

情操教育(運動)

体操教室

・年少児(いろいろな運動を体験しながら、運動遊びのおもしろさを感じる。)
・年中児(運動を幅広く体験しながら、友達と仲良く協力して積極的に運動に取り 組む。)
・年長児(集団の中でいろいろな運動に取り組む中で、役割分担や協力することを経験し、集中力や社会性も身に付ける。)

発育や発達に応じたカリキュラムの元、運動能力を高めるだけでなく、あいさつやけじめ、集団生活に必要なルールなどを学びます。